キャバクラでアフターをする方法

キャバクラ

お店が終わった後でキャバ嬢&お客さんが会うことを「アフター」と言います。
店外でも会える!という特別感から、キャバ嬢をアフターに誘う人も多いのですが…。
ポイントやコツを抑えないと、やんわりお断りされる可能性大です。

というわけで、ここではキャバクラでアフターをする方法について見ていきます!

キャバ嬢の心理を理解して誘うべし

キャバクラでアフターをする方法ですが、これはまずキャバ嬢の気持ち・心理を理解する必要があります。

基本的にキャバ嬢は、お客さんとのアフターに不安を抱きがちです。
「キャバクラでアフターをする」ということは、「深夜に男性と2人きりになる」ということですからね。
やはり女性であるキャバ嬢としては、「強引にホテルに連れ込まれるかも…」など、様々な事柄を想像し不安になるものです。

そのためキャバクラでアフターをする際は、「友達と一緒でもいいよ」と付け加えておきましょう。
この一言が加わるだけで、アフター成功率はグッと上がります。

また「帰りが大変」という理由でアフターを避けたがるキャバ嬢もいます。
やはり遠くから来ているキャバ嬢もいますからね~。
アフターをして遅くなると終電が無くなるため、非常に不便です。

また電車が無理だと大抵の場合タクシーで帰ることになります。
これだと交通費が非常に高くなるため、金銭的な意味でもちょっと困っちゃうわけですよ。

ですのでアフターに誘う際は、「帰りのタクシー代も出すよ」という言葉もお忘れなく。
実際は3000円くらいだろうと思っても、10000円くらいポンと渡す心意気が大切です!

こうしたキャバ嬢の心理を理解することが、キャバクラアフター成功の秘訣と言えます。

基本のポイントもおさえよう

キャバクラでアフターをするためには、他にもいくつか基本ポイントが存在します。

まず「翌日の予定を確認すること」。
例えば昼間の仕事と掛け持ちしているキャバ嬢や、大学に行きながら働いているキャバ嬢だと、遅くまでのアフターはきついなと感じるものです。
逆に翌日休みで何も予定が無ければ、OKしてくれる可能性が高まります。

もちろん中には、アフターを避けるために「予定が…」と嘘をつくキャバ嬢もいるでしょう。
もし嘘かなと思っても、そこでしつこくするのはNGです。
「そうかー…残念だけど仕方ないよね!」と、残念がりながらも理解ある姿勢を示しましょう。

そしてもうひとつ、キャバクラでアフターをする際は「早めに誘うこと」もポイントです。
他のお客さんとすでに約束していたら、当然こちらとのアフターは無理ですからね…。
先約が入らないよう、なるべく早めに切り出しましょう。

とはいえ、入店して即アフターを切り出すのはちょっと早すぎです。
最初の1セット内で誘ってみるのがベストですね。

アフターOK=エッチOKではない

アフターに誘ったらもうこっちのもの!と思う男性も多いでしょう。
「ご飯を食べてお酒を飲んで、その流れでホテルへ行けるのでは…?」
などなど、アフターOKになるといろいろ妄想してしまうものです。

しかしアフターOK=エッチOKではありません。

もちろんそれなりに好印象でなければ、そもそも誘いに乗ってくれないでしょう。
そのお客さんに対し安心感・信頼感を抱いているからこそOKしてくれた、と言えます。

ただ、それでも警戒心を忘れないのがキャバ嬢です!

「ここで油断したら連れ込まれるかも」
「ラブホ近辺に来たらうまいこと逃げ出そう」

キャバ嬢の多くは、そんな気構えを常に忘れていません。

アフターできたからヤレルなんてのは大間違い!
むしろアフターできてもヤレないことがほとんどなのです。

そのため、わざわざアフターするくらいなら、はなっからヤレるキャバ嬢と食事に行ったほうが断然効率良しですね。
そしてヤレるキャバ嬢と出会うのに最適な場所といえば!
出会い系型新風俗マッチングサイト・sanmarusanです。

sanmarusanなら、サイトに登録している女性キャストと直でやりとりできますからね~。
「深夜に食事&お酒を楽しんでそのままホテルへ」という、理想の展開が簡単に実現できちゃうわけです。

…正直なところ、男性にとってはアフターより魅力的ですね…!

まとめ

ポイントを抑えて上手に誘えば、キャバクラでのアフターを成功させることは可能です。
ただ、食事やお酒以上のことができるかどうかは別問題。
むしろ警戒心を緩めないキャバ嬢相手だと、できない可能性のほうが高いです。

エッチなしのアフターに労力&時間をかけるくらいなら…。
sanmarusanでエッチありの出会いを楽しんだほうが有意義かもしれませんね。

コメント