キャバクラの流れと遊び方

未分類

漫画・ドラマ・映画など、夜の世界をテーマとした作品はたくさんありますよね。
そのため「行ったことはないけどなんとなくイメージはつく」という人も多いでしょう。

とはいえ、やはりイメージはあくまでもイメージ!
実際に行くとなったら、事前に流れや遊び方をしっかり把握しておきたいところですね。

そこでここでは、キャバクラの流れと遊び方についてまとめてみます。

案内、着席、説明

キャバクラに入店すると、男性スタッフ(ボーイ)が登場し、席まで案内してくれます。
そして席に着いた後はボーイによる料金説明がスタート!
基本的には料金表を見せつつの説明になるので、とても分かりやすいです。
もし料金表が無い場合は遠慮なく「見せてくれますか」と頼んでOK!

また「当店は初めてですか?」と聞かれたら、「そもそもキャバクラに来ること自体が初めて」と正直に答えましょう。
そのほうがより分かりやすく丁寧に説明してくれますからね!

そして説明後は「ハウスボトル」という氷やボトルのセットが並べられます。
これはセット料金に含まれている基本メニューなので、「頼んでないんですけど…」と言わないようにご注意を!

このように、まずは「案内、着席、説明」の順で進むと考えてOKです。

いよいよキャバ嬢のお出まし

説明やハウスボトルの用意が終わると、次はお待ちかね!キャバ嬢のお出ましです。
キャバ嬢が席に着いたら、まずはキャバ嬢が飲むドリンクを注文してあげましょう。

ちなみにドリンク代は、大体1杯1000円~1500円くらいです。
高いと3000円くらいにもなりますが、それはむしろ稀なケース。
大抵は1000円ちょっとなので、大きな負担にはなりません。

なにより「ドリンク代を出す」ということは、キャバクラで遊ぶうえでのマナーみたいなものですからね。
ここで万が一渋ったりすると大変印象が悪くなるので、ケチケチせず気持ち良く奢ってあげましょう!

お会計or延長を選択

基本的にキャバクラでは、1セット終了するとボーイが会計か延長か尋ねてきます。
会計する場合は、ボーイから渡される伝票を見てお金を払えばOKです。
そして延長したい場合は、いきなり「延長します」ではなく、まずはいろいろ確認しましょう。

現時点での料金や、延長によりプラスされる金額など、先に気になる点を尋ねてください。
そのうえで「もう少し居ても大丈夫そうだな」と判断したら、延長してさらに楽しんじゃいましょう。

また中には自動延長のお店もありますが、その場合は入店時に説明してくれますからね。
よほど悪質な店でないかぎり、「え?自動延長なんて聞いてないよ」ということはありませんのでご安心を。

指名をするとさらに楽しい!けど…!?

指名をしない場合、1セット(1時間)3~4回くらいの頻度でキャバ嬢が変わります。
これもこれで色々なキャバ嬢と話せるので楽しそうです。
が、やはり指名をして特定の1人と存分に話すのも面白いものです。
お気に入りのキャバ嬢をどんどん指名することも、キャバクラ遊びの醍醐味と言えるでしょう。

ただ、実は指名をしても席から離れてしまうことがあるんです。
その理由として挙げられるのがズバリ「指名被り」。
他のお客さんからも指名されると、キャバ嬢は全員のところにバランスよく伺うことになります。
そのため指名料を払ったのにほとんど独占できない、というケースもあるわけです。

もしお気に入りのキャストを独り占めしたいなら、出会い系型新風俗マッチングサイト「sanmarusan」がオススメ!
ココなら登録しているキャストと一対一で出会えますからね。
最初から最後まで自分好みの女性を独占しっぱなしです!
またお店と違い指名料などが掛からないところもありがたい!

損することなく目一杯楽しみたいなら、こうしたマッチングサイトで遊ぶほうが良いかもしれませんね。

まとめ

今回は、キャバクラの流れと遊び方についてお届けしました。
基本的にはボーイがいろいろ説明してくれるので、初心者でも心配ナシです。
ただ、「指名をしても実際あまり話せない」など、キャバクラ遊びをすると何らかの不満が生じることもあります。
その場合は、sanmarusanのような一対一で楽しめるサービスにくら替えするのもひとつですよ。

コメント