ガールズバーで女の子に嫌われる客の特徴3つ

未分類

当然ながら、ガールズバーにはタチの悪い客も多く存在します。
同じ客から見ても「オイオイそれはないだろ」なんてタイプが結構いるんです。
ただ、無意識のうちに嫌われ行為をやらかしちゃうケースもありますからね…。
女の子を不快にさせないよう気をつけたいものです。

というわけで今回は、ガールズバーで女の子に嫌われる客の特徴3つをご紹介します!

セクハラがひどい

キャバクラ同様、ガールズバーでもお触りは禁止です。
にもかかわらず、身体を触ろうとしたり、キスしようとしたりするお客がいます。
言わずもがな、こうしたセクハラ野郎は女の子からとても嫌われます。
酔っ払っているとはいえ何考えてんの?といったところでしょう。

ましてやガールズバーは、カウンター越しの対面接客なわけですよ。
「カウンター」という壁をわざわざ乗り越えてまで、スケベなことをしようとするのですから…。
「そこまでして触りたいの?」「気持ち悪い」と思われても仕方ありません。

ガールズバーで女の子に嫌われる客の特徴No.1といっても過言ではないので、ご注意を!

説教臭い

「こんな所で仕事をして親に申し訳ないと思わないの?」など、女の子に説教を垂れる客もいます。
こうした客も、間違いなく女の子に嫌われますね。
女の子からすれば、「アンタだって『こんな所』に来て楽しんでるんじゃん」と思うものです。
説得力皆無のどうしようもないお説教です。

ましてや中には事情があって働いている子もいるわけですから…。
こうしたお説教は余計なお世話とも言えますね。

若い女の子相手であること、そして酒が入って気が大きくなっていることから、つい説教臭くなるのかもしれません。
しかし女の子側からすれば不愉快極まりないので、どうでもいい説教を垂れないようくれぐれも気を付けましょう。

プライベートを詮索する

相手に対し興味関心を抱けば、誰しもついいろいろ聞きたくなってしまうものですよね。
とはいえ、あまり詮索し過ぎるのはNGです。

例えば趣味や好きなことなど、普通の話題であれば深く突っ込んで聞いても問題ないでしょう。
むしろ話が盛り上がる良いキッカケになると言えます。

しかし、住まい・本名・さらには恋人の存在などなど、プライベートなことまで根掘り葉掘り聞くのはアウト!
たとえ仲良くなっても、やはり客に個人情報を伝えるのは抵抗があるものです。
いろいろ知りたい気持ちはわかりますが、あまり詮索し過ぎると嫌われちゃうので注意しましょう。

嫌われないよう頑張っても望み薄?

女の子に嫌われてしまっては、せっかくのガールズバーライフが台無しです。
やはり行くからには評判のいい良客になりたいですよね。
そして中には、「好印象を抱いてもらえればヤレるかも…」と考える人もいるでしょう。

ただ、この考えはちょっと危険です。
なぜなら実際のところ、ガールズバーの女の子を落とすことは非常に難しいからです。

もちろん、嫌われ者のお客に比べれば、まだ可能性はあるでしょう。
しかし女の子も割り切っていますからねえ…。

「良客はあくまで良客」「それ以上でも以下でもない」。
そんな考えで働いている女の子、結構多いんですよ。
そのためたとえ好かれても、セックスまで到達するのはなかなか厳しいと言えます。

「嫌われないよう努めても、結局発展することはナシか…」
そんな虚しさや絶望感を振り払いたい時にオススメなのが、出会い系型新風俗マッチングサイト「sanmarusan」です。
sanmarusanの会員はアダルト目的な人がほとんどですからね!
すなわちエッチありきの関係が簡単に構築できちゃうわけですよ。

嫌われないよう努めても…頑張って口説いても…なかなか報われない。
sanmarusanは、そんな頑張り屋の人の助け舟ですね。

まとめ

今回は、ガールズバーで女の子に嫌われる客の特徴3つをまとめてみました。
やはりスケベで偉そうで詮索好きなお客は、女の子からとても嫌われやすいと言えますね~。
それでもニコニコ笑顔を絶やさずお仕事しているのですからさすがです。
女の子を不快にしないよう、良客として楽しい時間を過ごしたいですね。

ただ、良客認定してもらえる=ヤレる、ではありません。
可愛い子や綺麗な子とヤリたいなら、ガールズバーではなくsanmarusanでターゲットを見つけましょう!

コメント